スクールのご案内

BMS  Massage Therapy School

日本のアロママッサージがエステを基本として作られ、主にエステティシャンやアロマセラピストによって施術されている一方、 欧米では本格的なボディーワークとしてのマッサージを提供する「マッサージ・セラピスト」が独自の地位を確立しています。 「BMSマッサージセラピー・スクール」は、アメリカ・ニューヨーク州政府認定マッサージ・セラピストである國分利江子によって創られた 「BMS Therapy」の独自のハンズ・オン・メソッドを学べる唯一のスクールで、 日本では希少な「世界基準のマッサージ・セラピスト」の育成を目指しています。

BMSマッサージセラピースクール

Questions

BMSマッサージセラピー・スクールは何が違うの?

日本の多くのマッサージ・スクールは美容やアロマの専門家によってカリキュラムが作られ指導されています。 そのため解剖学などは付加的な知識として取り入れられ、実際にそれをトリートメントに使う方法は指導されません。 BMSマッサージセラピー・スクールでは、本格的なボディワークとしてのマッサージの教育を目的とし、 医学的知識とマッサージの技術を融合させた他に類をみない緻密なカリキュラムで、 生徒がマッサージ・セラピストとしての高い即戦力や実践力を体得できるよう総合的にサポートします。

従来のエステティック系のボディマッサージとどこが違うの?

エステ系ボディーマッサージはスキンケアや美容を目的としている為、からだの表面の「皮膚」への刺激を中心とします。 「アロママッサージは気持ちいいけど、何か物足りない」という感想を耳にすることがあるのはそのためです。 これに対してBMSマッサージセラピーは筋肉・腱・靭帯・腱膜・筋筋膜などからだの深部にアクセスしていく本格的なボディーマッサージです。 エフルラージュやペトリサージュというストロークでも、エステ系の軽いタッチではなく筋肉系にきちんと影響を与える技術を指導します。

エステ系ボディーマッサージは学びやすく施術者によって技術の差がでにくいように、 マッサージの手技(ストロークと順序)が決められています。その為「肩がこっている」というクライアントに対しても、 「肩の辺り」という大雑把な触れ方になりがちです。BMSマッサージセラピーには手技がありません。 触れながらクライアントのからだの状態を把握し、「どの筋肉同士(あるいは筋筋膜)の、どの箇所が、どの様に緊張しているか」を理解し、 個々にトリートメント・プランを作って施術をする知識と技術を身につけます。まるで皮膚の下にあるからだの内部を、 イメージ映像として見ながらマッサージする様な具体的な手法です。

独自のハンズ・オン・メソッドとは?

アメリカで「マッサージセラピー界のハーバード大学」と称される名門スクール「Swedish Institute」で 解剖学や身体生理学、脳神経学、心理学、病理学、クリニカル・ストラテジー、東洋医学などを学び、 一方ではアメリカにとどまらず世界中で数多くのセラピー、ボディーワーク、エネルギーワーク、ヒーリングのワークショップに参加する中で、 海外のセラピストや先生方との国際的な交流を通じて國分利江子によって創られたのが「BMS Therapy」です。 その中心であるマッサージは、独自のハンズ・オン・メソッドとしての高い評価を得ており、プロのアスリートやミュージシャン、 ダンサーなど多くのクライアントから熱い支持を受けています。 また、心身症など心とからだの繋がりが重視されるケースへの新しいケアの方法としても注目されています。

BMSマッサージセラピースクール
BMSマッサージセラピースクール
BMSマッサージセラピースクール
ページのトップへ